hypnosisreiki

養成講座


image of splash liquid

《米国催眠協会(NGH)認定ヒプノティスト資格取得講座》

このトレーニングを終了すると、米国催眠協会(NGH)より認定されたヒプノティストの資格をとりプロのヒプノティストとして開業することができます。

初めて催眠について学ぶ方にもやさしく基礎的な事から勉強していきます。NGHの規則によると、このコースを終了するのには、100時間の学習時間でそのうち少なくとも75時間を講習時間や実習を必要とします。残りの25時間は宿題や課題で補います。このプログラムは短期集中の8日-10日コースです。平日コースと週末コースを行います。 このコースはとてもくつろいだ空間でおこなっていき、催眠の素晴らしさを楽しく学んで行きます。 この講座で学ぶ事は、自分や他の人を催眠状態にする方法、催眠の基本的な誘導法、深化法の技法、子供と催眠について、退行催眠、記憶力強化、ダイエット、禁煙、ストレス解消法等々です。実践練習を主に行ない、実際に催眠の状態に他者を誘導する練習を行って行きます。

*日本ではヒプノセラピストとよばれているようですが、ニューヨーク州、他多州ではサイコセラピストとして資格をお持ち以外の方がセラピストと名乗る事は禁じられています。

この養成講座はこのような方に向いています

  • 催眠に興味をもち、より広い知識を深めたい方
  • 本人または他者の行動修正や願望実現に興味をお持ちの方
  • 人の心を癒すのを助けるのに興味がある方
  • 自分の人生とともに人の人生が改善される事に興味がある方
  • 現在、既に他のヒーリングやセラピーに携わっている方で、さらに仕事の分野を広げたい方
  • 催眠を用いて人助けをし、開業されたい方
  • 医療機関等で、心や体に関する仕事をされている方

この講座を終了しますとこのような事がえられます

  • 米国催眠士協会(NGH)の会員になることができ、ヒプノティストに認定されます。
  • 催眠に関する知識を幅広く得る事が可能です。
  • 催眠の多彩な技術や技法を学ぶ事が可能です。
  • 催眠を学ぶ事によって、あなたの人生がより良い方向に向かって行く可能性。
  • 催眠によって沢山の人々を助ける事が可能です。
  • 催眠の心地よい癒しの感覚を体験する事が可能です。
  • 既に心や体に関する仕事をお持ちの方は現在の仕事の分野を広げる事が可能です。

米国催眠協会The National Guild of Hypnotists, Inc.について

公式に1950年にマサチューセッツ州ボストンで設立された、非営利の教育機関で現在はニューハンプシャー州にあります。

www.ngh.net   世界で最も大きくそして古くからある歴史のある催眠協会とされています。世界でも65カ国以上1万人以上の会員数がいると言われています。

学習内容

Level Ⅰ Level Ⅱ
Lesson1 催眠とは何か? Lesson19 クライエントとの初回セッション
Lesson2 催眠前の被暗示性テスト Lesson20 行動アセスメント
Lesson3 催眠による影響 Lesson21 ゴール設定
Lesson4 催眠に関する諸注意 Lesson22 イメージ心理学と催眠
Lesson5 催眠の歴史 Lesson23 追加的なスクリプトと技法
Lesson6 催眠誘導法 Lesson24 自己催眠コース(6時間)を教えるには
Lesson7 催眠の深さ Lesson25 年齢退行(発掘の技法)
Lesson8 暗示のマネジメント Lesson26 あなたの催眠ビジネス
Lesson9 意識的な心と無意識の心
Lesson10 催眠の補助具
Lesson11 催眠誘導のいろいろ
Lesson12 催眠深化の技法
Lesson13 催眠雑録
Lesson14 無知覚管理
Lesson15 禁煙プログラム
Lesson16 ウェイト・マネジメント
Lesson17 ストレス・マネジメント
Lesson18 倫理

付 録

  •  ヒプノシスの原則
  •  催眠にまつわる誤解を覆す
  •  心理学を理解するヒプノティストのための概論
  •  心/体
  •  トランスパーソナル心理学
  •  カウンセリング催眠療法
  •  催眠に対するエリクソニアン・アプローチ
  •  ヒプノティストにとってのカウンセリング能力
  •  プロセス

受講資格:催眠に興味のある18歳以上の方料金: 2,800ドル

レッスン料、テキスト代,米国催眠士協会への初年度登録料金,認定証代を含みます。

講座を受けられた方からの感想です。。。

“この二ヶ月間、ヒプノティスト資格養成講座取得講座を受ける事ができてとても感謝しております。毎回、先生のオフィスへ行き、楽しく授業をうけている私自身が好きになりました。気持ちがリラックスし、新たな発見が楽しくてとても充実した2ヶ月でした。真理子先生の一言一言が私を元気づけ、そして前向きにしてくれ、この講座を受ける事ができて、本当によかったと思っております。これから私の人生が良い方向へと向かって行ける様、今回学んだ事をさらに生かし、過ごして行きたいとおもいます。 真理子先生お疲れさまでした。そして本当にありがとうございました。”


(((幼児期、過去生、前世退行催眠トレーニングコース)))

 

NGH(全米催眠協会)養成講座では、ほとんど含まれていない退行催眠(幼児期、過去生、前世)を中心に学んでいくコースです。

ヒプノティスト、カウンセラー、セラピスト、ボディーワーク、ヒーリングワーク、スピリチュアルワーク等々の施術家にとって、クライエントが抱える問題の糸口を素早く見つけ出し、手助けをする新しい方法を身につけるのはとても喜ばしい意味のある事です。退行催眠のテクニックを学ぶ事で、沢山の人々の問題の解決策を効果的に見つけるのを助ける事ができます。

幼児期退行においては、クライエントの今の人生における自分との出会い、心の傷を認め、癒す作業、感情の解放の仕方、過去からの学びを受けて、新しい健全な習慣に変えていく方法を学んでいきます。
催眠の素晴らしさの一つは、催眠の状態で、新しい健全な過去のイメージをする事で、脳が現実に起こった事と認識し、それが実際のものになる事が可能な事です。
多くの人々は小さなときに心の傷を受けたまま、大人になっています。そして、人間関係、悪い癖など様々な人生の問題の多くが、過去の傷からきています。催眠の方法を使う事によって、心を癒し、そしてそれを強みにしていく方法を身につけます。

かつては、輪廻や前世などの事はミステリアスで多くの人々の関心があまりなかったかもしれませんが、近年メディアや書籍でも大きく取り上げられるようになり、一般の人々の関心を高めました。代替医療や民間療法などを行う施術家にこのトレーンングはクライエントがもつ意識レベル、スピリチュアルレベルの向上やヒーリングを助ける有効な手法を学ぶ事ができます。
このテクニックを身につけると、今すでに行っている(またはこれから行う)施術に取り入れる事ができ、クライエントのより深い意識レベルに働きかけ、魂の探求、新しい発見をする事ができます。このコースでは退行催眠のスクリプト付きで、実習も行います。

コース終了後にはHypnosis and Reiki より終了証書をお出しします。

(セッションを成功するために注意点)
クライエントへの説明の仕方
中立したガイドの仕方
退行できないときの対処の仕方
カルマ解放の方法
個人の経験の違い

(幼児期退行)
退行を始める前に確保しなければならない留意点
今の自分を見つめる
何が起こったか自分の傷を認める
インナーチャイルドを育てる
自分を受け入れる
過去からの学び
過去を塗り替えるワーク
エンパワーメント
暗示を作り、行動修正の方法
自分の世話をする方法
許しのワーク

(過去生退行催眠)
過去生退行の必要性
人生の目的
健康面、病気の原因
行動パターン
ソウルメイト、ソウルグループ
人間関係
天職
感情

スクリプト
ー人生の木
ーインナーチャイルドワーク
ー許し
ー過去生への扉
ー中間生
ー未来生
ーよく見る夢やイメージの探求

コースを受ける条件:ヒプノティスト養成講座修了者、または同等の資格を保持している方

 

((このトレーニングを受講された方の感想))

“ありがとうございました!3日間、あっという間でしたが、色んな発見や浄化がありました。
特に幼児期退行の練習で気付いた新たな感覚…とっても素晴らしかったです!!未来生のワークも面白かったです。”

“潜在意識からのたくさんのメッセージを受け取れた3日間は、貴重な体験でした!インスピレーションもいっぱいもらえました。未来の自分からのアドバイスはとてもパワフルでわくわくしました。ありがとうございました♡”

“ありがとうございました!あっという間に過ぎ去ってしまいましたが、過去生、中間生で見た風景や感情などでかなり自分自身の浄化が始まっております!”

お問い合わせ
hypnoreiki@gmail.com
www.hypnosisreiki.com

image of splash liquid

《米国催眠協会(NGH)認定ヒプノティスト資格取得講座》

このトレーニングを終了すると、米国催眠協会(NGH)より認定されたヒプノティストの資格をとりプロのヒプノティストとして開業することができます。

初めて催眠について学ぶ方にもやさしく基礎的な事から勉強していきます。NGHの規則によると、このコースを終了するのには、100時間の学習時間でそのうち少なくとも75時間を講習時間や実習を必要とします。残りの25時間は宿題や課題で補います。このプログラムは短期集中の8日-10日コースです。平日コースと週末コースを行います。 このコースはとてもくつろいだ空間でおこなっていき、催眠の素晴らしさを楽しく学んで行きます。 この講座で学ぶ事は、自分や他の人を催眠状態にする方法、催眠の基本的な誘導法、深化法の技法、子供と催眠について、退行催眠、記憶力強化、ダイエット、禁煙、ストレス解消法等々です。実践練習を主に行ない、実際に催眠の状態に他者を誘導する練習を行って行きます。

*日本ではヒプノセラピストとよばれているようですが、ニューヨーク州、他多州ではサイコセラピストとして資格をお持ち以外の方がセラピストと名乗る事は禁じられています。

この養成講座はこのような方に向いています

  • 催眠に興味をもち、より広い知識を深めたい方
  • 本人または他者の行動修正や願望実現に興味をお持ちの方
  • 人の心を癒すのを助けるのに興味がある方
  • 自分の人生とともに人の人生が改善される事に興味がある方
  • 現在、既に他のヒーリングやセラピーに携わっている方で、さらに仕事の分野を広げたい方
  • 催眠を用いて人助けをし、開業されたい方
  • 医療機関等で、心や体に関する仕事をされている方

この講座を終了しますとこのような事がえられます

  • 米国催眠士協会(NGH)の会員になることができ、ヒプノティストに認定されます。
  • 催眠に関する知識を幅広く得る事が可能です。
  • 催眠の多彩な技術や技法を学ぶ事が可能です。
  • 催眠を学ぶ事によって、あなたの人生がより良い方向に向かって行く可能性。
  • 催眠によって沢山の人々を助ける事が可能です。
  • 催眠の心地よい癒しの感覚を体験する事が可能です。
  • 既に心や体に関する仕事をお持ちの方は現在の仕事の分野を広げる事が可能です。

米国催眠協会The National Guild of Hypnotists, Inc.について

公式に1950年にマサチューセッツ州ボストンで設立された、非営利の教育機関で現在はニューハンプシャー州にあります。

www.ngh.net   世界で最も大きくそして古くからある歴史のある催眠協会とされています。世界でも65カ国以上1万人以上の会員数がいると言われています。

学習内容

Level Ⅰ Level Ⅱ
Lesson1 催眠とは何か? Lesson19 クライエントとの初回セッション
Lesson2 催眠前の被暗示性テスト Lesson20 行動アセスメント
Lesson3 催眠による影響 Lesson21 ゴール設定
Lesson4 催眠に関する諸注意 Lesson22 イメージ心理学と催眠
Lesson5 催眠の歴史 Lesson23 追加的なスクリプトと技法
Lesson6 催眠誘導法 Lesson24 自己催眠コース(6時間)を教えるには
Lesson7 催眠の深さ Lesson25 年齢退行(発掘の技法)
Lesson8 暗示のマネジメント Lesson26 あなたの催眠ビジネス
Lesson9 意識的な心と無意識の心
Lesson10 催眠の補助具
Lesson11 催眠誘導のいろいろ
Lesson12 催眠深化の技法
Lesson13 催眠雑録
Lesson14 無知覚管理
Lesson15 禁煙プログラム
Lesson16 ウェイト・マネジメント
Lesson17 ストレス・マネジメント
Lesson18 倫理

付 録

  •  ヒプノシスの原則
  •  催眠にまつわる誤解を覆す
  •  心理学を理解するヒプノティストのための概論
  •  心/体
  •  トランスパーソナル心理学
  •  カウンセリング催眠療法
  •  催眠に対するエリクソニアン・アプローチ
  •  ヒプノティストにとってのカウンセリング能力
  •  プロセス

受講資格:催眠に興味のある18歳以上の方料金: 2,800ドル

レッスン料、テキスト代,米国催眠士協会への初年度登録料金,認定証代を含みます。

講座を受けられた方からの感想です。。。

“この二ヶ月間、ヒプノティスト資格養成講座取得講座を受ける事ができてとても感謝しております。毎回、先生のオフィスへ行き、楽しく授業をうけている私自身が好きになりました。気持ちがリラックスし、新たな発見が楽しくてとても充実した2ヶ月でした。真理子先生の一言一言が私を元気づけ、そして前向きにしてくれ、この講座を受ける事ができて、本当によかったと思っております。これから私の人生が良い方向へと向かって行ける様、今回学んだ事をさらに生かし、過ごして行きたいとおもいます。 真理子先生お疲れさまでした。そして本当にありがとうございました。”