hypnosisreiki

ニューヨーク催眠術師の魂日記

新年の御挨拶

新しい年2018年が始まりました。ニューヨークは寒波の影響でとても寒いですが、雪がとても綺麗です。 昨年はみなさんにとってどのような経験をした1年だったでしょうか。 私は、お陰様で年越し正月ともに、健康で愛情いっぱいで、心の平穏を保ち過ごす事ができました。外は寒いですが、心身ともに暖かく、とても良い年明けを迎える事が出来ました。 お正月は周りの人々におめでとうございますと言いますが、あまり自分自身には言わないですよね。この時をもって自分自身に新しい年を迎えられておめでとう。っと伝えてみるのはいががでしょうか。 みなさん、今年はどのような年にしたいでしょうか。 私の今年の抱負は、より人生を信頼するです。 人生を信頼するということは、私にとって安心感を今日この時にもつ事、これから待っている未来に不安を抱く事なく、自分の人生がくれるこの一時一時を信頼して一歩ずつ焦らずに歩んで行く事です。 もし、人生が自分の思うようにならなくても、それが最終的な結果として受け止めずに、思いもよらなかった明るい出来事が人生に訪れるように心を大きく広げ受け入れるようにします。 未来を何かをつかもうとコントロールすると、去って行ってしまいますので、その代わりに自分に対する疑いを解放して、リラックスします。 いつも感謝の気持ちとともに、心とつながり、自分に伝えます。 ”心の平穏を受け入れ、気持ちが楽になります。 自分に対する疑いを解放し、心の乱れが安定して楽な気持ちになります。 安心感を得られるようになります。 これから人生に待っているものが、明るい出来事で、自分の人生を思いっきり楽しめるようになります。” やめられない癖を持って自分を責めている人、人間関係がうまくいっていない人、仕事がうまくいっていない人、病を患っている人、愛する者との別れを経験した人、みなさん様々な状況にいらっしゃると思いますが、新年が希望が見えて、思い掛け無い良き事が訪れますようにお祈りいたします。みなさんが、悩みから解放されますように。心の平穏が保てますように。自由を得る事ができますように。 今年の中根家の手作りおせちです。 アメリカ的に主張の強いおせちです。アメリカにいながら日本食文化を楽しめる事が出来まして、本当に感謝しています。 今年も何か世の中の為になる事が出来ましたら、光栄です。2018年よろしくお願いいたします。    

冬至の儀式

一年で日照時間が一番短くなる日冬至、この日を境目にどんどん日が長くなってゆきます。昔, 冬至は一年の境目そして年の始まりとしておめでたい日といわれていました。 冬至のこの時期は、自分の内側にあるものと向き合うと良いでしょう。あなたの魂から湧き出るメッセージに耳を傾けてください。あなたの人生の方向性をもう一度魂と確かめてはいかがでしょうか。 マイナスのエネルギーを解放して、どんどん新しい良いエネルギーを受け入れるそんなときでしょう。 新しい出発の日が始まりました。 急がずに、時間をかけて物事を行いましょう。 心の中にある感情に気がつき、向き合い、これからの人生にいらないものとさようならをして、新しいサイクルへと前進してゆくのです。 冬至を祝う地元のイベントに行ってきました。 キャンプファイアーを囲んで、冬至の意味やネイティブインディアンの冬至のお話などを聞き、その後にはホットサイダーを飲んだり、マシュマロを焼き食べました。 冬のこの時期ならではの楽しみです。 紙に自分にとっていらない事を書き、焚き火にいれて燃やす儀式もしましたよ。 焚き火の暖かかった事!この暖かさを感じながら、今日を境にどんどん暖かい前向きなエネルギーを受け入れていく事にします。              

免疫力を上げ癌や慢性の病気を改善

ブログの投稿が久しぶりになってしまいました。申し訳ございません。 今回youtubeをアップしました。潜在意識の力をつかい、ヒプノ催眠によって免疫力を上げ癌や慢性の病気を改善させる事を目的としたものです。 多くの方々に良き影響をもたらせる事ができますように!! https://www.youtube.com/watch?v=yalqcDvc2cI&t=1316s   潜在意識の力をつかい、ヒプノ催眠によって免疫力を上げ癌や慢性の病気を改善させましょう。 *癌やその他の慢性的な病気を患っている方 *痛みを軽減されたい方 *自分の体とコミニュケーションをとりたい方 *完璧な健康を受け入れて維持されたい方 *ストレスを軽減して免疫力を上げたい方 *風邪やインフルエンザにかからない体になりたい方 ガンやその他慢性の病気とヒプノシス(催眠法)について 恐れや不安等のストレスを解放し、体と心のつながりと影響を深く理解することにより、免疫力を高める   日常のストレスに加えて、人はガン(またはその他の病気)であると診断されると恐れや不安にかられるのはとても自然なことです。自分だけではなく、周りの家族や愛するものにも同じように、恐れや不安にかられるでしょう。 これから大きな手術や治療を受けることによる恐れや自分の体に対するコントロールがなくなったと感じる喪失感または自分の力がなくなったと感じる絶望感等、様々な心理的ストレスを受ける人々は少なくないでしょう。 ストレスが免疫力を下げるという事は周知のことですが、病気に対する恐れの感情のストレスが体の免疫力を下げ、病気の進行を早めてしまいます。 ワシントン州立大学の研究結果によりますと、催眠を受けたグループは受けなかったグループよりも白血球数が上昇する事により、免疫力が上がったそうです。催眠によりストレスを解放し、前向きに考える事が影響しているようです。 そこで、催眠のテクニックをつかい、体が回復するヒーリングの過程において、効果的に病気に対する恐れや不安、絶望感などのストレスを解放し、希望を見つけ、自分の生命力を強化することを助けます。 1970後半に初めて行われた催眠がガン治療にどのように影響する研究によると、催眠によって吐き気、嘔吐、下痢、痛みの症状が和らいだ、またはなくなった結果が出ています。( Noted in best selling, Getting Well Again). 近年行われた8つの違う研究結果にも、催眠によって痛みが軽減されたという人は75%にも及んでいます。(International Journal of Clinical and Experimental Hypnosis) または、手術前に催眠を受けた患者は不安や痛みの軽減、出血量の低下、手術後の吐き気や嘔吐の軽減に影響したという報告結果もあります。(Journal of the International Anesthesia Research Society) アメリカでは50年代より催眠のテクニックは医療と並行して使われてきました。最近のpet スキャンによって、催眠状態になり暗示をかけることによって脳がどのように働くかが解明されました。 私たちの五感で受けた情報は脳に伝わり、身体の機能に伝達します。催眠によって人は暗示を与えられた事を想像すると、脳はそのイメージをあたかも実際に経験していると受けてとめてしまいます。すなわち、私たちの脳は真実でないことを、催眠の状態でイメージするとそれが、本当に起きていることと勘違いしてしまうのです。 例えば、催眠下で心地よい空間でリラックスしている自分を五感で体験しイメージすることができる人は、病気の心地悪い症状から解放できるようになります。 又は、ガン細胞が消えてゆくイメージをし、自分の体が良い方向に向かう事をイメージすることでそれが現実のことになるのが可能です。 そのため、ガン患者やその他の疾患を患っている人に、副作用がなく、体に良い影響をもたらすこの技法はとても有効なものです。 注意)催眠は医療行為ではなく、または医療行為に代わるものでもありません。催眠の効果や経験は人それぞれで個人差があります。

カリブ海の旅 アンティグア、バーブーダ

カリブ海の旅 アンティグア、バーブーダ

やってきました!ニューヨークから飛行機で4時間で来ることができるカリブ海の島アンティグア、バーブーダ島です。有名なバミューダと間違えがちですが、違います。 国土の面積は種子島と同じくらいです。人口は千葉市の10分の1弱くらいでしょうか。 1632年にイギリスの植民地となり、1981年には独立し、英連邦王国の一国です。公用語は英語です。 人種のほとんどが植民地時代にアフリカから連れてこられた奴隷の子孫で、カリブの国民らしくとっても穏やかな気質の人が多いなあと思いました。 少しイギリス系やヨーロッパ人なども滞在中に見かけましたがアジア系はほとんどいませんでした。 今回は6日間の旅です。   この上の写真のビーチはプリンセスダイアナビーチといわれて、以前ダイアナ妃が幼い息子を連れてバケーションを楽しんだ場所らしいです。写真は加工していません。バーブーダ島にあり、私たちが滞在していたアンティグア島よりフェリーで1時間半とタクシー30分かかって到着しました。フェリーはとっても揺れて長く、もし船酔いを心配される方は是非とも飛行機で来ることをお勧めします。 タクシーの運転手さんによるとこの島のビーチは6年間連続カリブ海のビーチの中で一番綺麗なビーチとして選ばれているそうです。 こんなに時間をかけて、大変な思いをして来た事に後悔しそうになりましたが、この美しい白い砂浜と透き通った海、そして誰もいない大自然を目にすると、後悔の念は一気に消えました。 小さい頃に私はアフリカに住んでいまして、その時家族旅行で訪れたビーチがとても美しく、その後の30年間はどのビーチにいってもがっかりしていましたが、このプリンセスダイアナビーチは私の楽しかった幼少期を思い出す場所でした。 何もせずにただ、穏やかであたたかな波にゆれて1日家族で時間をすごしました。 見てくだい。水はクリスタルのようにクリアで全てのものが下まで見えます。       アンティグア島に滞在して、首都のセントジョンズの地元のマーケットにきました。 見たことのないような果物などがありましたよ。 こちら下の写真はサワーサッップ、ジャックフルーツと思って買ったのですが、大当たりです。 とてもジューシーで、パイナップルを柔らかくして、イチゴのような、トロピカルフルーツの味、 マンゴスチンのような味でした。 こちらは下の写真はブレッドフルーツ。市場のおじさんが調理法を教えてくれました。皮をむいて、塩水またはココナツミルクで煮るんですって。 宿泊していた場所にもどり早速調理してみると、そのなんとも食べたことのないような食感でした。 食用バナナのようなタロイモのようなそれでいてパッションフルーツのような香りがしましたよ。     ブレッドフルーツを塩水で煮てみました。そのままでも美味しかったですが、色々なおかずなどの付け合わせによさそうです。 こちらの下の写真はアンティグアでとれた地元のレモンだそうです。レモンの味でしたが太陽の光とともに育ったとってもパワフルな味がしました。   こちらはアプリコットと言われて試してみました。 切ってみると、確かにアプリコットみたいですね。 食べてみるとコリコリかたく、しかし甘みもあって ナッツのような味のする果物でした。   滞在は air bnb でプライベートの家を借りました。とっても広く、プライベートプールもついていて、大満足。キッチンも広く、これからはホテルよりもこういった場所がいいなあと思いました。 太陽と自然の家族旅行でした。感謝です。

新年の抱負と去年からの垢落とし

2017年は皆さんにとってどのような年にしたいでしょうか。 是非ともヒプノシスの力を借りて、あなたの潜在意識にアクセスして、今年の抱負を叶えてみてみるのはいかがでしょうか。 もし、去年からいらない感情などを持ち越してしまった場合も、すっきり解放しましょう。 この度、ニューヨークの日系新聞にインタビューされた記事を載せます。 http://www.ejapion.com/flippagemaker/897/mobile/index.html#p=36 http://www.ejapion.com/flippagemaker/898/mobile/index.html#p=28     ホリデーシーズンを過ごし、明るい年がやってきました。 写真は、感謝祭の写真です。美味しい食べ物とデコレーションにうっとり心もお腹も癒されます。   クリスマスシーズンのエンパイアステートビルです。 オフィスの側から写真を撮りました。 家ではサンタクロースようにジンジャーブレッドクッキーを焼いて、暖炉の前に置いておきました。 サンタさんは来てくれたでしょうか? 下の写真は、お正月の恒例の手作り御節です。ニューヨークは流通が良く、なんでも揃うので、ありがたいことですね。 2017年も皆様のご健康、心の平和、幸せをお祈りします。  

アメリカ大統領選を終えてーニューヨークでは

こちらニューヨークはお葬式の様なエネルギーが漂っています。 週末もオフィスの辺りはデモの人々が溢れていました。 人種的、性的差別発言をする人々が国の代表になり、多くの人々がこれからの国の未来に対し不安を感じています。 脱力感,怒り,不安,恥かしさなどの感情で街がまるで911のテロの後の様です。こちらの人々は優しく周りの人を気遣い、お互いの気持ちを聞き合い、心の癒しをしています. 私の子供の通う小学校でも大統領選の次の日は9割以上の子供達が結果に悲しんでいた様です。 今こちらは嘆きの時です. この怒り悲しみの感情を隠すのではなく思いっきり感じましょう。 私達は心の癒しをする前にこの嘆きの過程が必要なのです。 そこから良きひらめきや知識を得られ,更に私達は強くなることでしょう. この出来事はアメリカにとって、明るさをもたらせる前兆でしょう。良きことが起こる前の大変な時期かもしれませんが心配無用です。 否定的なニュースや情報は見ない様にしましょう。そして自分をいたわるために自然の中で時を過ごす時です。 そして感情を手放せる時が来る時には,さらなる力を得ることが出来ます。 この様な言葉を自分に伝えてあげましょう。 ”私は安全です。守られています。” ”心配怒りを愛情によって解放し私は力強くそして良き知恵を得ます”   家の近くの公園で、自然に囲まれながら自分の心を癒しています。        

食欲の秋〜エモーショナルイーティング

食欲の秋ですね。春と夏を経て、たっぷり太陽を浴びて育った季節のローカルの食べ物は、エネルギッシュで体にも心にも栄養になりますね。自然の恵みに感謝です。一年に一度のお月見には、近くの草原で採ってきた草花を飾り、地元で採れた野菜(カボチャ、瓜、りんご等)をお供えして、自然に感謝します。 食べる事の悪い癖として、感情的に何か食べ物を食べてしまい、いわゆるやけ食いをしてしまう事って多くの方が経験しているでしょう。特にお腹は減ってはいないのに、ストレスを解放するために、ご褒美のためにつつい食べてしまう。これを英語でエモーショナルイーティングEmotional Eatingといい過食につながる事があります。アメリカでは健康問題、肥満、疾病などを導く大きな問題として扱われています。 肉体的にお腹が減って食べることと似ていますが、違いがあります。 ー肉体的にお腹が減った時は、野菜など健康的なものどんな食べ物でも美味しく感じられるのに対し、エモーショナルイーティングはある特定の食べ物(例えばケーキやポテトチップスなどの脂っこいものや甘いもの)を食べたくなります。 ー肉体的にお腹が減った時は割と徐々に空腹感を感じるのに対し、感情的にお腹が減った時は急にお腹が減って何かを食べたいとを感じます。 ー肉体的にお腹が減って食べている時は自分が何をどれくらい食べているか把握しているのに対し、エモーショナルイーティングは食べている時に無心に(心が無いっていうことですね)、気がついたら、ポテトチップスを一袋食べていた等ということが多く、お腹いっぱいになるまで、苦しくなるまで食べてしまいます。 ーエモーショナルイーティングはある特定の味わい、香り、匂いなどにこだわって食欲が増してきます。 ーエモーショナルイーティングは自分が食べ物を食べることに対するコントロールがないように感じます。例えば、冷蔵庫にケーキがあると食べなければいいのに、まるでコントロールを失ったかのようについつい食べてしまう。 ーエモーショナルイーティングは食べた後に、後悔、罪悪感を経験します。 どうでしょうか。思い当たる節はありますか? この原因として多くはストレスから来ているでしょう。ストレスが強いとストレスホルモンーコーティゾルのレベルが上がり、そのため、塩辛く、油っぽい、甘い、すぐにエネルギーを作り出すものを要求します。 特に近年、砂糖中毒と言われる精製されたお砂糖に対する中毒はコカイン中毒の8倍に匹敵するほど強いという研究結果も出ているほどです。私は甘党です!何て言っている場合ではありませんね。そして、これを意志だけで治していくのはとても大変なことでしょう。 色々なダイエット法やプログラムなどがあり、食生活を正し、どの食べ物が体にいいか、食べ物のカロリー計算などを教えてくれます。しかし、エモーショナルイーティングをする癖がある人にはこのダイエットプログラムはあまり効果が見られないでしょう。 まず、効果的にそのエモーショナルイーティングをする癖をやめ、健康的になる方法としてなぜそれをしてしまうのか原因を追求することがいいでしょう。 あなたの真の理由は何でしょうか。ゆっくりと心に聞いてみましょう。 何日もかけて”自分の食生活”について日記をつけてみてもいいでしょう。思いもよらなかった原因が発見されるかもしれません。 多くの場合その真の理由は”私たちを守ってくれるもの”です。決して自分を責めないでください。 例えばこのような真の理由があります。 悲しみの感情をカバーする 怒りや恐れ心配、、孤独感、不安を補ったり又は紛らわせるため。食べることによってその感情を感じないようにする。 人生に対する空虚感、暇つぶし、または寂しさを補うためについつい食べてしまう。 性的虐待などを経験した方の場合、異性を近づけないため、魅力的に見られたくないようにするため、自分を太らせ、魅力的に見えなくなることにより性的アビューズをされないように自分を守る。 体重が減ると逆に油断をして沢山食べてしまうため、少し体重が多いことにより、あまり食べ過ぎないように自分で制限しやすくなると思い込んでいる。 又、エモーショナルイーティングは、嬉しい、楽しい感情も食欲に繋がったりもします。 例えば、ご褒美のために甘いものやお菓子を親からもらった。悲しい時に親から甘いものをもらった経験が大人になっても続き、その良い思い出や懐かしさから食べてしまう。 多くの仲間同士でご飯を食べるのはストレス解消に役立ちますが、食べ過ぎに気をつけましょう。みんなも食べているためついつい沢山の量の食べ物を食べがちになります。またはお友達にもっと食べなよと勧められるために思った以上の量を食べがちです。 等、個人によって理由は様々でしょう。 もしその理由がもう必要でなければ、エモーショナルイーティングをやめることが楽になるでしょう。ゆっくりとその理由を手放すことを選んでください。 自分にいたわりの手紙を書いてあげてもいいでしょう。 例えば、あなたはずっとポテトチップスなどを食べていましたが、それには寂しさを補うという自分を守っていた理由があったのね。だけど、もう大丈夫だから。これからは寂しさを感じる時は食べること以外の別の行動をして人生を楽しもうね。等、心から出た愛情の手紙を自分に書いてあげましょう。 真の理由がわかり、手放すことが出来たのならば、次のステップとしてまず、その悪い癖がある自分を許してあげてください。そして、自分の体に嫌気があるならばそれとさようならしてください。嫌気の感情はあなたが健康的になるのを邪魔をしてしまいます。 このような言葉を唱えてみるのがいいでしょう。 ”食べることに対する悪い癖を止められない自分を許します。” そして、自分の嫌いな体の部分に愛情と優しさを送ってあげてください。 自分にあったほっとする言葉を作って、唱えましょう。1日に何回も唱えてあげて、そして続けてください。この悪い癖はどれだけ続いているでしょうか?1年?2年?または10年? その癖が続いていた期間と同じくらいまたはそれ以上にその言葉を自分の心の栄養剤として与えてあげることが必要です。 例えば、 ”私は健康的な食べ物を体が必要な量だけを食べて満足します。心が満たされます。” ”私は自分の胃をゴミ箱のように扱う癖をやめ、体が健康になります。” ”空腹感が大好きです。胃を休め胃腸が健康になります。” ”人生はとても美しく、私は自分の人生を体を動かすことにより、健康的になり人生を楽しみます。そして良い食習慣を取り入れ、理想の体重を維持します。” 等です。これは例ですので、自分にあったしっくりいく、言葉(アファメーション、暗示)を作ってみてください。 また、他の方法として、イメージ方も効果的です。 私達はイメージすることで、それが実際に脳が本当におきていると勘違いしてしまいます。例えば梅干しを食べるのをイメージすると食べていないのに唾液が出るのは脳が実際に梅干しを食べていると勘違いしてしまうのです。その原理を使って、是非自分がエモーショナルイーティングから解放されて、健康的な食生活を送っているのを想像してみましょう。脳は実際にそれが起こっていると勘違いをして、それが新しい習慣として置き換えられることが出来ます。 誰も邪魔されない空間を作ってみてください。好きな音楽やアロマオイルなどを炊いてもいいでしょう。そして、リラックスして、なりたい自分を想像して、その自分に入り、その自分になったらどのような生活をしているかイメージしてください。 体で何か感じられるでしょうか?気分はいかがでしょうか?可能であれば思いき入り良い気分を味わってください。 そうすることにより、もういらないエモーショナルイーティングの悪い癖から健全な食生活を送ることが可能です。 近所のおじいさんが自分の庭で作ってくれた夕顔の実をくれました。 むいて干して、干瓢にしましたよ。最近は日本の干瓢の漂白、保存料やが入っている事が多いそうで、その為アメリカでは日本からの干瓢は輸入に規制がかかっていることを聞きました。手作りですと、漂白、保存料やのことを気にせずに安心して食べることができます。   子供の大好きな干瓢巻!既製品の干瓢とは違い、干瓢の存在感がある干瓢巻でした。         こちらに来て思った事はカボチャの種類が多い事です。どれも味なども違います。下の写真のひょうたんのような形をしたカボチャはバターナッツといい水気が多いのでスープ向きです。季節の恵みですね。   りんご狩りの季節です。今回はりんご狩りを楽しんで、その後にりんご園にあるビアーガーデンで、そこで作っているりんごスパイスのビールをいただきました。あまりビールは好きではありませんが、季節の新鮮なエネルギーの入った美味しい味でした。 自然の恵みと健康に食べ物を食べる事ができる事に感謝の毎日です。     ー ー

妊娠力アップのためのヒプノ自然妊娠

  多くの女性が自然妊娠を成功させるためにヒプノのセッションにいらっしゃいます。そして、私は常日頃から、赤ちゃんって、お母さんの心が浄化され癒され赤ちゃんを迎える準備ができるまで天で待っているんだなあということを実感しています。 催眠は心と体の関係においてとても良い影響を与えます。そして、妊娠する確率を高めるのにとても効果的です。沢山の研究結果から催眠にかかっている女性は催眠にかかっていない女性よりも高い確率で妊娠をするということもわかっています。催眠で心と体をリラックスして、心の妨げを解放してあげましょう。 眠ろう、眠ろうとしようとすると眠れなくなるのと同時に、妊娠しよう妊娠しようと考えると心にブロックができて妊娠しにくくなるのです。そして、眠ろう眠ろうと考えるのをやめ、リラックスすると眠りについてしまう、そのようにあなたも妊娠しようと考えるのをやめ、リラックスするとともに妊娠します。 妊娠しようしようと必要以上に考えるのをやめましょう。 あなたの心臓が動いていたり、血液が流れていたり、消化をしているのは潜在意識の働きです。意識をして心臓を動かしているのではありませんね。偉大なるパワーの源、潜在意識を働きかけましょう。 まず、催眠法において、妊娠力の高め方は、妊娠するのに妨げているのは何か潜在意識に催眠の状態で聞いてみます。通常の状態ですと、全くこの答えがわからないでしょう。しかし、催眠状態で、潜在意識に聞いてみると、たやすく、その妨げが何かわかることが多いです。 例えば、妊娠したら、夫婦の中に邪魔が入る。仕事ができなくなる。時間がなくなる。お金がかかる。自分の親が厳しすぎて、自分もそのようになるのが怖い。自分の家族の関係が良くなかったため、家族を持つことに抵抗がある。自分はもう年が行きすぎている。などなど、人によって理由は様々です。 そして、妨げている気づきをえたならば、次はどうしたいかが鍵になります。 あなたは、その妨げを取っておきたいでしょうか?それとも長い間その妨げが自分の一部であったために、それを解放するのが難しいでしょうか? 解放したいという意思がある人はたやすく解放できるでしょう。その場合、イメージ法や暗示を入れることによって簡単にその心の妨げを解放できます。 しかし、繰り返し時間をかけてゆっくり解放しなければいけない場合も多々あります。ゆっくりと焦らずにやってみてください。 この心の癒しのワークはクイックフィックス(1、2回で治す)ということではありません。人によってはその妨げを何年も何年も持っています。その原因や解決法を1つづつ探ったり、幼児期に退行したりして行います。そして、ご家庭においても、自己催眠を行っていきます。そうすることにより、心にあるもういらない感情を解放して、そして、妨げも解放できます。 また、沢山のイメージ法も行います。以前のブログでも伝えたように、私たちの脳はイメージしているのか実際に起こっているのか違いがわかりません。すでに自分が妊娠しているのをイメージすることも効果的です。 多くの研究結果から、自分が若返ったことをイメージしたり、その年齢になって振舞っていると体もそれに反応して、若返ることがわかりました。そのため、自分が歳をとりすぎていると思っている人へはまず、自分が若返ったことを繰り返しイメージします。そうすると、体に若返りの効果をもたせ、妊娠率を高めることが可能になります。 そして、お客様より、46歳で、第二子の自然妊娠、嬉しい報告をメールにていただきました。妊娠をご希望されている多くの女性に希望を与えてくれる経験ですので、情報を解放してもいいでしょうかと伺いましたところ、快く、承諾いただきましたので、この報告を載せさせて頂きます。ご協力ありがとうございます!!! ”中根さんのセッションを受け、寝る前にセルフ催眠を勧められました。次のセッションで中根さんにもお話ししたんですが、セルフ催眠の中で天使に会うことができ、その事がずーっと忘れられませんでした。夢かと思い天使の夢占いを調べたら、「天使は神様の使いです。願っている事や願望が実現する幸せな夢です。」とあり、そうである事を願っていました。本当に不思議な夢というか、最初で最後の天使との出会いでした。 中根さんのセッションを受け、母との関係を前向きになり、もう一人子供をもうけたくも、出来ませんでした。その思いに見切りをつけようと、体外受精を一度だけ試しましたが、成功には至らず、完全に第二子は諦めました。諦めたと言うより、失敗により全てが楽になり、人生前進できるようになりました。 その3ヶ月後の夏、家族3人で日本へ行きました。2年ぶりのフライトはとてもキツく「歳だな~」実感。そして、久しぶりの日本の夏にバテていました。 電車に乗り、座っていた私より年上の女性に突然「もしかしてと思って」と言われ、席を譲られました。その人は私を妊婦と間違えたようで、私は「日本では、アメリカサイズなんだわ~」と恥ずかしくなりました。 そして、役所から無料子宮頸癌、乳癌検査と健康診断が届いていたので、受けて帰ろうと思い予約を入れました。健康診断ではレントゲンがあり、生理が遅れている事にも気付きました。昨年46歳になり「更年期障害か閉経へ向かっているのかな」と思っていたんですが、主人が「レントゲンを撮るなら、妊娠検査スティックをしてみやら」と言われ試したら、陽性反応がでて夫婦で言葉を失いました。一人目を結婚10年目で授かり、しかもこの歳で自然妊娠で第二子を授かるとも思いもしませんでした。 その後、検査もあり色々と不安だったけど、今月、無事に健康な男児を出産しました。OBGYには「2回目の奇跡の子」と言われるほどです。 医学では卵子の老化が不妊の原因とされていますが、30歳代半ばでも子供ができず、まさか46歳で自然妊娠するとも思いませんでした。本当に子は授かりもので、五体満足に産まれるのも奇跡です。 これも中根さんのセッションで、私の心が浄化され、目の前の大切ものを気づかせてくれたお陰でもあると思います。また、自身を見失った時には、伺わせて頂きたいと思います。 ご報告が遅くなりましたが、色々とありがとうございました。” このクライアントさんの情報によると、アメリカの調査結果によると、父親側のコーヒー摂取が流産の一因であることを伺いました。そして、妊娠1年前から不妊ハーブティーを飲んでいたそうです。旦那さんのコーヒー摂取量も減ったということです。  

脳は実際に起こっているのか、想像しているのか違いがわからないという事。

私達が思っている以上に想像する事は脳の回路を変えて私達の日常や健康にも大きく改善させる力がありますね!! 皆さんも経験していると思いますが、梅干しなどを食べるのを想像すると、食べてもいないのに唾液が出る事がありますよね。脳は想像しているのか、実際に起こっているのか違いがわからずに、実際に食べていないのに、想像しただけで、脳が実際に食べた事と受けとめ、唾液がでる、そう、体が反応してしまうんですよね。 この事が、大変興味深い研究結果にも出ています。 ピアノを実際にひいている人。ピアノを弾いているのを想像している人。何もしていない人。の脳の働きを指と脳にセンサーをつけて、見てみました。 なんと、ピアノを弾いているのを想像している人は実際に弾いている人と同じ脳波を出しているんです!という事は、脳は現実と想像の区別がつかないという結果が出ています。 私たちは何か身の危険を察するとストレスホモンのコルチゾールとアドレナリンを生み出し、危険に対応する体の動きを助けてくれます。 しかし、ストレスな事を想像しただけで、脳は想像と実際に起きているのかを区別できないため必要ないストレスホルモンまでもが生み出されてしまいます。 ストレスホルモンの過剰がうつ病を招くという結果も出ています。体の老化も早めてしまいますし、それにあらゆる病気の元にもなるでしょう。 ですから、ストレスな事を想像したり考えるのを是非やめましょう!! 1992年のオリンピック金メダリストのサリーガンネルさんも金メダルを獲得出来た70%は想像力だったそうです。想像する事で、脳が筋肉により良い変化をもたらし、運動能力をあげたとみられます。 実際の私達の日常生活で、スポーツはもちろん、病気や怪我をした後の回復に、この想像力はとても役に立ちます。回復した自分を想像することにより、それが本当のことと脳は受け止め、体も良い反応をして、回復を促進させます。 脳卒中などの患者に良い想像をさせると、回復が早まるという研究結果も出ています。 ダイエットにも想像力は有効という結果も出ています。実際に食べてはいないけれど、食べているのを想像するだけで、脳は食べたのと受け止め、食欲が減るという事です。 私達の人生にはこの想像力は色々な面(健康、人間関係、経済的状況、成功等)でかなり役立ちますね! 病気の場合、病気の事ばかりを考えているのではなく、治るのを想像する事も体に良い影響を与えます。病気でない人も、自分の健康をいつも想像する事は大切な事ですね。 自信をつけ成功を想像する事も良い影響をもたらします。 想像力をうまく使うことで、私達の日常生活に無限の良きものをもたらせてくれます。 催眠の力を使って、より効果的に良い想像力をあなたの潜在意識に働きかける事が可能です。そして、あなたにとって悪影響をもたらす考え、想像をする癖を直すのにも効果的です!! http://drdavidhamilton.com/does-your-brain-distinguish-rea…/

桜の季節になりました!

長い長い冬が終わり、ものすごい勢いで、草木が芽吹いています。 家の外に置いてあるものは全て花粉で覆われて、黄緑色です。うちの白い車もただいま黄緑色の車になっています。 そして、庭の八重桜が咲きました! 週末はゆっくり何もせずに、桜の木の下で、リラックス。   桜の花をオフィスにも飾りましたよ。   ということで、ここからは恒例の手作りの和菓子です!!! 私は子供の頃、母親に手作りのお菓子などを作ってもらい育ちました。特に、アフリカにいた少女期は、日本のものがなかったので、母親は試行錯誤して、作ってくれたのを覚えています。 ”親から子供へと習慣が伝えられますね。” 願わない自分にとって悪影響を及ぼす親からの習慣はいりませんが。。。   ニューヨークは和菓子などなんでもありますが、私はあの工場で作ったような既製品で精製された砂糖と保存料の味、心の感じられない味よりも、手作りの美味しさが好きですので、何も苦にならずに、楽しんで作っています。子供の喜ぶ顔をみるとやっぱり、手作りのおやつになってしまいますね。 自然の力と愛情を感じられる食べ物をいつもとるように心がけています!!   桜といえば、桜餅?!花よりだんごですね?毎年桜の花と葉を塩漬けにして、保存していますので、それを使います。かなり、ローカルものですね。小豆ももち米もビーツも全て国内のオーガニックのものです。色付けは自然のビーツを水につけると、すぐ赤く水が色ずくので、それを蒸したもち米に加えます。幸せで、子供も喜ぶ色ですね! 下の写真は、季節もののオーガニックイチゴ、あんこは白のライ豆?リマ豆?(Lima beans), そうそう、あんこの甘みはローカルローハニーです。         そして、最後に、よもぎ餅も作りました。大豆はマサチューセッツ州の無肥料無農薬で作られたものをローストして、きな粉にしてみました。