hypnosisreiki

カリブ海の旅 アンティグア、バーブーダ


やってきました!ニューヨークから飛行機で4時間で来ることができるカリブ海の島アンティグア、バーブーダ島です。有名なバミューダと間違えがちですが、違います。
国土の面積は種子島と同じくらいです。人口は千葉市の10分の1弱くらいでしょうか。
1632年にイギリスの植民地となり、1981年には独立し、英連邦王国の一国です。公用語は英語です。
人種のほとんどが植民地時代にアフリカから連れてこられた奴隷の子孫で、カリブの国民らしくとっても穏やかな気質の人が多いなあと思いました。
少しイギリス系やヨーロッパ人なども滞在中に見かけましたがアジア系はほとんどいませんでした。

今回は6日間の旅です。

b1

 

この上の写真のビーチはプリンセスダイアナビーチといわれて、以前ダイアナ妃が幼い息子を連れてバケーションを楽しんだ場所らしいです。写真は加工していません。バーブーダ島にあり、私たちが滞在していたアンティグア島よりフェリーで1時間半とタクシー30分かかって到着しました。フェリーはとっても揺れて長く、もし船酔いを心配される方は是非とも飛行機で来ることをお勧めします。
タクシーの運転手さんによるとこの島のビーチは6年間連続カリブ海のビーチの中で一番綺麗なビーチとして選ばれているそうです。
こんなに時間をかけて、大変な思いをして来た事に後悔しそうになりましたが、この美しい白い砂浜と透き通った海、そして誰もいない大自然を目にすると、後悔の念は一気に消えました。

小さい頃に私はアフリカに住んでいまして、その時家族旅行で訪れたビーチがとても美しく、その後の30年間はどのビーチにいってもがっかりしていましたが、このプリンセスダイアナビーチは私の楽しかった幼少期を思い出す場所でした。

何もせずにただ、穏やかであたたかな波にゆれて1日家族で時間をすごしました。

見てくだい。水はクリスタルのようにクリアで全てのものが下まで見えます。

 

b2

 

 

アンティグア島に滞在して、首都のセントジョンズの地元のマーケットにきました。
見たことのないような果物などがありましたよ。

b3

b4

こちら下の写真はサワーサッップ、ジャックフルーツと思って買ったのですが、大当たりです。
とてもジューシーで、パイナップルを柔らかくして、イチゴのような、トロピカルフルーツの味、
マンゴスチンのような味でした。

b5

b6

こちらは下の写真はブレッドフルーツ。市場のおじさんが調理法を教えてくれました。皮をむいて、塩水またはココナツミルクで煮るんですって。
宿泊していた場所にもどり早速調理してみると、そのなんとも食べたことのないような食感でした。
食用バナナのようなタロイモのようなそれでいてパッションフルーツのような香りがしましたよ。

 

b7

 

ブレッドフルーツを塩水で煮てみました。そのままでも美味しかったですが、色々なおかずなどの付け合わせによさそうです。

b8

こちらの下の写真はアンティグアでとれた地元のレモンだそうです。レモンの味でしたが太陽の光とともに育ったとってもパワフルな味がしました。

 

b9

b10
こちらはアプリコットと言われて試してみました。
切ってみると、確かにアプリコットみたいですね。
食べてみるとコリコリかたく、しかし甘みもあって

ナッツのような味のする果物でした。

 

b11

b12
滞在は air bnb でプライベートの家を借りました。とっても広く、プライベートプールもついていて、大満足。キッチンも広く、これからはホテルよりもこういった場所がいいなあと思いました。

b13

太陽と自然の家族旅行でした。感謝です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>